ポイントを揃える

昨日のろじかるんるんは、前回に引き続き、「比べる」をテーマに学習しました。

国語のテキスト3枚を解きつつ、比べることの重要性を伝えていきました。
比べるときに大切なのが、「比べるポイントを同じレベルで比べること」です。??って思った方は、例題をご覧ください。

比べる「型」:正反対バージョン

比べる「型」には、次のような型があります。

〇〇は△△である。
それに対して、□□は▲▲である。

例題①比べる「型」を使って、以下の文章の( )を埋めなさい。

夜は暗い。
それに対して、昼は(     )。

といった問題があります。そう。正解は、明るいです。

暗い⇔明るい

きちんと同じレベルで比べることが出来ています。

これは割と簡単ですね。では、例題②はいかかでしょう。
例題②比べる「型」を使って、短作文を作りなさい。

自由に回答する問題です。みなさんも考えてみてください。

ここで講座中のある生徒の回答をご覧くださいませ。

講座の様子11.1

この生徒は「パン」と「ゴハン」について比べようとしています。

が!よくひっかかる間違えをしてくれています!

回答では、「洋」と「和」が⇔の関係で表されています。果たして同じレベルで比べることができているのでしょうか?

正しいレベルで比べるとしたら、洋食⇔和食、洋風⇔和風です。

そもそも和風な食べ物を「和食」と言います。なので、「ゴハンは和食の食べもの」という文章では、「ゴハンは和風な食べものの食べもの」となってしまい、意味が通じません。

ここでの正解は、

パンは洋風な食べ物だ。
ゴハンは和風な食べ物だ。

洋風⇔和風

これできちんと同じレベルで比べることができ、文章もすんなり出来上がっています。

こうして、比べるにはきちんとした「型」があります。

みなさんは、外食の際「かけうどん」「釜揚げうどん」から食べるものを選ぶときに比べるポイントをきちんと揃え、比べ、選ぶことができてますか?(*^^)v

少し意識してみると良いかもですね☆

講座様子11.1 2

次回の講座は・・・?水曜日!!

日時:11/9(水)19時~20時15分 場所:当塾2階「カフェスペース」

※初回受講に限り、どなたでも無料でご受講いただけます!!2回目以降の受講料は塾生540円、塾外生2700円です。

ご質問等ございましたら、お気軽にコメントやメッセージをどうぞ。

以上、学習道場Wise upからお知らせでした。投稿スタッフ:ハル

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA